食べても良いと(勝手に)思い込んでいる許容量は正しいか



人が生きるために必要なエネルギーは二つある。
一つはカロリー。食べ物から頂くもの
もう一つは精神的なもの。人からもらうもの。





人と関わりの中で
得られるはずのエネルギーが不足しているとしたら
食べ物をいつもより多く摂取して自分を保とうとするのは
当然の防衛機能
だと考えられなくはないだろうか。






だとしたら、バランスを取ろうとする自分を邪魔しようとしたら
自分のバランスは崩れていくのは当然。



だから、食べたい自分を否定してはいけない







■食べすぎと過食の(自己認識の)違い







食べ物で心のバランスを整える。
何も摂食障害者だけではない。健康な人にもみられる。


嫌な事があって食べ物で発散、というケースと過食症はどう違うのでしょうか。
健康な人が大食した場合は食べた後で、また大食いしてしまった、太ってしまった!と嫌な気分にはなるかもしれませんが


大食いした→醜く太ってしまった→だから自分はもう人前に出られない、


とまで思いつめることは少ないでしょう。






過食症の場合は太っている自分は醜い汚いだらしない、と
極めて強く認識し絶対友人には会えない、じろじろみられてる気がするなどと思い、
さらに極端な場合は、もう死ぬしかないとまで思ってしまうのです。



過食の結果、実際に体重が増えた場合はもちろん、必ずしもも体重には反映しないような過食発作のあとにも
そう思ってしまうことがあります。









体重が増加する嫌悪感というより
自分の思い通りに食事を抑えられなかったという
コントロール願望の未遂行への罪悪感が垣間見れる。








■痩せたい気持ちを弱めていこう




過食衝動が行動としてはパフォーマンスが大きいから印象に残って
食べ物を貪っているなっていう印象が強いけど
なんでその衝動がおきるかっていうと
心が不安定なときもあるけれど、基本的には
拒食を経て過食、つまり
身体の飢餓状
態があるのだと思う。




そう考えると、食べ物依存じゃなくて根本にあるのは痩せたい願望。
「食べれない」のではなく”食べたくない”のだ。
確かに心が弱っていて食べない期間が続け
ば胃腸の消化機能は落ちているだろうが
全粥やヨーグルトなどから始めれば必ず食べれるようになる。



胃がんと違って、
完璧に身体が身体の機能として受け付けないわけではなく
そこには意思が入り込んでいる。
「食べたない」あるいは「食べれない」っていう思い込みと意思を
是正していけば大丈夫。













■許容範囲は正しいか!?






食べ過ぎた、許容範囲を守れなかった、過食だ…
って思い、今日も嘔吐する。
自発的に吐いて相殺しようとする



ここでちょっと考えてみたい。



「食べ過ぎた」っていうのは
何が基準なんだろう。頭の中にある理想を追っているだけで
身体が求めている量とは異なるのでは。



そもそも平均的な食事が分からなくなっているから
人間にとって必要な分量と理想の中にある【食べて良い許容量】に
かなりの解離があるのではないか。




身体にとって必要なものが10なのに、
自分は4しか許容していなくて、5の食事をしてしまった。


そして、許容量を越えてしまった絶望感とか嘔吐してしまおうとか
思ってしまう。


実は必要な食事の半分なのに…。







頭で考える許容量は身体が求める必要量の半分くらいでしかなくて、
それを無理矢理取り上げて(吐いて)しまうから
さらに身体が飢餓状態になってしまう。


飢餓状態を治めてあげなければ
人は生命を維持していこうとする本能があるので、
「飢餓状態をどうにかしてくれ!」と訴え続ける事になるでしょう。




頭(思考)で全てを解決できるという
仮想的有能感が垣間見れる。
あるいは、人間の機能に無知であり冒涜していることにもなる。




脈々と受け継がれてきた生きるための本能に
人間なんかが逆らえるわけが無い















■食欲という身体の声を無視するな







空腹でも無いのに食べてしまうときは、
体型が気になるときと同じで、自分が何らかのケアを必要としている時です。
気になることがあれば解決すればよいですし、
特に問題があるわけではないけれども、何となく満たされないと言う事であれば、
普段よりも優雅な要素を生活の中に取り入れるなど、
生活の中でいつもより自分をケアすることに気を使ってみると良いでしょう。




例えば、同じ食べると言う事であっても、身体によいものを丁寧に食べるのと、
ジャンクフードを慌しく食べるのとでは、
雰囲気が違ってくると思います。




このような考え方は、ただ「食べてしまった=痩せなければ」という
短絡回路に留まって居る時には思いつかないものでしょう。

そして、本来は普段以上にケアが必要な時期なのに、
食べたことで自分を責めてしまったら、
解決するどころか悪循環に陥ってしまうのも当然の事と言えます。








■逃げても逃げても




逃げた先で苦しくなるのなら、
それは逃げ場になっていない。




心が苦しくて存在が不安で摂食障害に守ってもらおうとしたけど
それも一時的なドーピングに過ぎなかった
一時避難所で長くは生きれない。
本当の人生を生きるべき。



摂食障害という不安定の中で安定をしていた。
不安定さを摂食障害に埋めてもらおうとした。
そうやっていきてきた。



それは間違いじゃない。


しかしながら、そこ(摂食障害)も本当の解決ではなかった。


そこは安住の地ではなかった。





どうするか。
手放しても生きていける方法、
食を受け入れ、ストレスを健全に排泄できる方法を学び、
身に付け、少しずつ進んで摂食障害と訣別するしかないだろう。





人間という生物を人間がコントロールできるわけがない、
身の丈を生きる。



そういう意味では、現実を思い知る。
”前向きな諦め”が必要なんだと思う。